FC2ブログ

附属高校ハンドボール部OB会

知る人ぞ知る、東京学芸大学附属高校ハンドボール部OB会のホームページ 初めての方はコチラ→http://fukohand.blog91.fc2.com/blog-entry-27.html

2011年02月05日【オープンリーグ第一日目】

オープンリーグ、1日目。
2011.2.5@草加記念体育館
52期新井です。最近日差しがぽかぽかしてますね。
毎年恒例、オープンリーグの第1日目が先日開催されました。相変わらず草加の体育館は、他と比べて寒かったですね…。今年は女子の人数が多くて、会場が華やかでした(きっと)。

高校は男女ともに都両国、都小岩、筑波大附属、学大附属でしたが、高校生の人数も増えましたね~!ちなみに学大卒業生では44期浅野先輩、49期和久利先輩、50期荒井先輩、若尾先輩、とも先輩、直先輩が参加されました。50期の先輩方、すごいですね…!


1_20110216134202.jpg

さて、この会の目的は、

・ハンドボールを通して、からだを動かす楽しみの場(環境)の提供
・所属や年齢、性別を超えたハンドボール仲間の拡大
・“リーグ戦”を経験することにより、負けても次があるという積極的なスポーツ感づくり
・“固定化されたメンバーによる競技志向型”から脱却したスポーツ環境づくり
・当日集まったメンバーでチームを構成し、新たな技術・考え方を知るチャンス拡大
・ルール指導と、審判員の育成
・フェアプレーの精神を理解し、ルールを遵守して行動する意識付け


らしいです。みなさん、積極的に仲間を増やせましたか?

この日の流れをご紹介。

・準備
・ストレッチ
・ボール鬼(?、パスして仲間を救う鬼ごっこ)
・対面パス
・シュート練
・ゲーム(前半)
・クリニック(香西さんによるDF講座)
・ゲーム(後半)
・片付け


こんな感じで、ゲーム三昧でした。各チーム、20分1本×6本くらい出来ましたね。では一部詳しくご紹介。

・ボール鬼

バドミントンコートで、10人くらいで鬼ごっこ。鬼はひとり、ボールはひとつ。ボールを持っている人はタッチされても大丈夫です。ボールを持っている人は、タッチされそうな人に近寄ってボールをパスして助けてあげます。実践では、DFにつかまりそうになりながらのパスキャッチを想定しています。パスキャッチの正確さ、呼ぶ声などが大事ですね。

・クリニック

まずは、ポストの守り方。ポストがいる側にフローターが切ってきたら、ポストを押し上げて(審判に“ばれないように”!)、ポストのいない側に攻めるように操作する。…のような感じだったと思う。ポストが浮いてたら押し上げて、6mだったらライン内に押し込む!あくまで審判にばれないように…!

2_20110216134202.jpg


次は、シフトのかけかた。OFをアウトに流すように、左側のDFなら右足を前に、右側のDFなら左足を前にかけるとよい。まぁでも、ベタ足ではなく、どちらかにシフトをかけることが大事!

最後に、OFとの間合い。その名も“15cmの法則”。向かい合って手と手を伸ばして、その距離が15cmだと一番守りやすい間合い。これが30cmになってしまうと、1-1をかけられたときにOFに追いつくのに2歩必要。ちょうどいい間合いをとれるよう感覚をつかむには、それなりの時間がかかると思います。これをマスターして、現役諸君、次回はぜひOBさんを止めてくださいね☆

3_20110216134201.jpg


あとはもう述べることもないので、当日撮った写真をいっぱい貼っつけようかと思います。

4_20110216134201.jpg

5.jpg
6.jpg
7.jpg
8.jpg
9.jpg


次回は2月20日、場所は江戸川区スポーツセンターです。みなさま奮って、お誘い合わせの上、ご参加ください♪現役の感想はそのときに載せたいと思います。お楽しみに!


52期 新井りょうこ

スポンサーサイト
☆お知らせ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |